結婚式でのまつエクがおすすめな理由

結婚式と言うのは、女性にとって一生に一度のしかも、一番の晴れの舞台だったりするものです。そのため、一番に綺麗な自分になって、その日を迎えたいと考えています。なので多くの女性が、ブライダルエステに行き、身体を引き締める等して、美しく見せる努力をするものです。そしてそんな風に綺麗に見られるために大事な要素の一つが、目です。

ぱちりと大きな目は、大半の女性にとって憧れであり、目の大きな女性は可愛かったり、綺麗に見える場合が多いです。ですが目の大きさには個人差があり、生まれつきぱっちり目の女性もいれば、細目の女性もいます。なので細目の女性は、結婚式のために目を整形手術して大きくすべきか、というとそこまで行くのはやり過ぎだと考える人が多いです。だからこそ、女性の多くは出来るだけ自分の目を大きく見せる努力をします。

そして実際の目よりも大きく見せる方法が、目の周囲を強調する事です。目の周囲のまつげを強調する事により、同じ様に目を強調する効果が得られ、普段よりも、目を大きく見せる事が出来ます。ただし目の大きさと同様に、まつげの数というのにも、個人差があります。目の周囲にびっしり生えている人もいれば、パラパラとまばらにしか自まつげがない女性もいるのです。

そういった形で自まつげが、まばらにしかない女性は、まつげエクステでまつげを補強する事をおすすめします。つけまつげではなく、敢えてまつげエクステをおすすめする理由としては、自まつげに対する負担が小さくて済むからです。というのもつけまつげは、取れない様にたっぷりの接着剤を使用して、装着を行っています。そのせいで自まつげの根元が炎症を起こし易く、結果的に自まつげが傷んだり、抜け易くなるケースが珍しくありません。

まつげエクステも、同じく接着剤を用いて装着しますが、つけまつげよりも少量で済みます。更に持続性も高く、一度装着すると2週間から3週間程、維持が可能です。そのため結婚式の後のハネムーンの時も、綺麗な自分を保ったまま、楽しく過ごす事が出来ます。そんな風につけまつげに比べ、自まつげへの負担が少なく、使い勝手も良いのでおすすめ出来るのです。

そんなまつげエクステですが、装着する際も外す際も、専門のサロンに行って行うべきです。その理由としては、エクステの装着時と外す際に、いい加減なやり方で行うと、自まつげに大きな負担を掛ける危険性があります。その結果、自まつげが減少する等の事態が起こるので、特に結婚式のためにまつげエクステを行う際は、失敗しない様に信頼出来るプロに任せるべきです。

施術後のまつげエクステケア:マスカラやビューラーの使用

01/04/13

どの角度から見られても、魅惑的な目元を演出できると話題のまつげエクステ、長く綺麗なカールを描いたまつげは、目を際立たせ、華やかさもプラスしてくれるので、若い女性から年配の女性まで虜にしており、広く知れ渡るようになりもう数年は経っていますが、今だにその人気は陰りを見せていません。

まつげエクステは、専用の接着剤を使って人工の毛を自まつげに貼りつけていくので、つけまつげ用の接着剤などとは違って強力で、水やお湯では取れません。その為、汗をかきやすい人でも、コンタクト使用者でも、ぱっちりとした長く濃いまつげが維持でき、素顔にも自信がつきます。しかしこのまつげエクステは、施術後の扱い方が持続力には大きく影響するので、アイラッシュサロンでしっかりと指導を受け、注意点はきちんと守るようにしましょう。

まつげエクステの人工毛には、あらかじめカールがついていますが、施術後日が経つと、そのカールが取れていってしまうことがあります。この原因は、人工毛の品質によるところももちろんありますが、顧客たちの生活習慣に関係していることも多く、ドライヤーなどを髪に当てるときの角度といった些細なことが要因となっている場合もあります。

人工毛は熱を加えすぎると、形状が変質してしまうこともあり、サウナやスチームなどを良く浴びる人は、エクステが取れやすかったり、カールがなくなってしまう場合があるようです。このような状態になると、少しカールを甦らせようと、ビューラーを使ったりマスカラで持ち上げようとする方が多いですが、こういった摩擦や刺激は、持続力を低下させてしまうことにもつながりかねないので、注意が必要です。

まずビューラーはエクステ装着者には厳禁で、使う場合は通常のまつげを挟むタイプの器具ではなく、ホットビューラーのようなブラシタイプのものを使用しましょう。その際は接着面にあまり熱を加えすぎないように、短時間で済ませましょう。毛先に当てる感じに使うと、簡単に綺麗にカールが蘇ります。

またマスカラを塗る場合は、必ず専用のマスカラを使い、こすらなくてもクレンジングができるタイプのものがベストです。塗る時も接着面をこすらないように、毛先を中心にさっとつけます。自まつげにつけるように、ジグザグにこするように付けていくのはタブーで、こういった扱いを繰り返していると、それだけ持続力は弱くなってしまいます。
施術後はできるだけ触らない、こすらないを意識して、使用する場合は優しく丁寧にが原則です。

まつげエクステのお手入れでの注意点

01/03/13

まつげエクステを美しく保つに、お手入れ次第で、美しい状態をキープすることは可能です。施術直後の注意点として、目元には触れない事です。エクステを装着するために使用しているグルーは、エクステを付けて4時間から5時間は、完全には乾いていない状態です。しっかりと装着するまでには、実は1日程かかるものなのです。ですから、サロンで装着した後は、気になっても目元にはさわらないことです。

まつげエクステのお手入れは、基本的にソフトに行うことが大切になります。注意点としては、強い力でこすらない事です。強力なタイプのクレンジングは、選ばない事です。選ぶのは、オイルフリーで、肌にもエクステにもやさしいクレンジングです。洗顔時も、優しい洗い方を心がけましょう。ごしごしと力を入れて洗うと、エクステはぽろぽろと落ちてしまいます。ですから、力も入れすぎないことが大切です。もしもアイラインやアイシャドーのメイクをしている場合は、手でこする前に、綿棒を使って、でやさしく落としてあげることです。こういったひと手間をかけてから、洗顔しましょう。

まつげエクステは、メイクの時にも、いくつかの注意点があります。エクステをしていると、アイメイクをしなくても、目元は十分華やかになります。ですが、アイシャドーやアイラインを使うことはできます。また、エクステを付けていても、マスカラを塗ることもできます。マスカラの使用は、エクステ専用のタイプを使用することです。マスカラも選ばないと、成分によっては、エクステの餅が短くなります。マスカラをオフするための、クレンジング剤二も気を付けましょう。刺激の強いタイプは、摩擦などにより、まつげエクステを外れやすくしてしまいます。エクステを付けたら、目元のメイクにも気を付けましょう。

お手入れで他にも気を付けたいことは、水分との関係性です。美容成分を与えることは、自まつげのためにも、とてもメリットがあります。まつげ専用美容液は、毎日塗布してかまいません。しかし、通常の水分となると話は別です。水分に長時間つかると、グルーが取れやすくなるためです。お手入れの注意点として、長時間水分に触れないことも必要となってきます。ドライヤーを使って乾かすなど、対策をとるのもよいでしょう。清潔な状態にするのも、大切なことです。また、髪の毛を毎日とかすように、まつげエクステも毎日ブラッシングしてあげるとよいでしょう。

まつげエクステの長さや太さの選び方

01/02/13

まつげエクステをはじめて利用するという人に多いのが、どれを選んだらいいのかがわからない、というものです。
そういうときはプロの技術に頼るのがいいのですが、エクステはそのまぶたの形によっても変わることがあります。あうものと少し変えたほうがいいものがあるので、きちんと知っておくといいということです。

まつげエクステの選び方は、長さ、太さ、そして量を調節できるようになっているので、それぞれであわせて選ぶことが可能です。
たとえば、まぶたの形が一重の人、奥二重の人などはLカールという、毛先だけカールのあるものを使うときれいなまつげにみせることが可能です。

まぶたとカールがかぶらないのでもちがよく、一重の方や奥二重の人にはとても向いているエクステだといえます。
カールが弱い順番から、Jカール、Cカール、CCカール、Dカールとあります。
カールが強いものほど、お手入れをするときには注意が必要になってくる、ということです。

太さのことをいうと、太い方がインパクトは大きいといえます。ですが、とれやすい傾向もあるので、もちをとるのか、インパクトをとるのか、ということになります。モチがいいエクステの太さは、0.1ミリほど、目を強調したい人やインパクトを出したい場合は、0.2ミリのものがいいです。

付けているのか付けていないか、というのが分からないくらいの軽いものになるので、ナチュラルにみせたい人には0.1ミリのもの、普段からマスカラを2度3度と塗っている人やつけまつげをしてる人には0.2ミリほどの太いものがいいということです。
長さも考えて、太さと長さのあわせ方でやはりイメージは変わってきます。

長ければ長い程、インパクトは強くなりますが、とれやすい傾向があるのでそのこともきちんと理解しておくことが大切です。
ほかにもエクステの量や形などでまったく違う印象にすることが可能です。
自分のそのときの気分などで変えることができるのもまつげエクステの魅力のひとつだといえます。

自分でつけることができるセットなども市販で多くみかけることができますが、やはりプロにお願いして施術してもらう、というのが長くもたせるようにつけることができるということです。また、まつげエクステのケアをしっかりとするためにも、その方法をきちんと調べておくようにするといいです。

エクステは大体2ヶ月ほどで取り替えるようにしておくといいということなのですが、きちんとケアをしていれば、3ヶ月ほどはもつといわれています。

まつげエクステの特徴

01/01/13

魅力的な目元を作るためにも、普段からメイクをする際にアイメイクに力を入れている女性はかなり多いとされています。瞳を大きく見せるためにもアイライナーで目の周りをくっきり書いたり、マスカラなどを利用してまつげのボリュームをアップさせるなどのお手入れを行う女性がかなり多いのです。

しかしまぶたなどは皮膚の中でも特にデリケートな部位になりますので無理にメイクを繰り返す事によって、メイク汚れが残ってしまうと肌に黒ずみの原因となる色素沈着を引き起こしてしまう恐れがあるのです。また濃い目のアイメイクは老けた印象に見えてしまう恐れがあり、ナチュラル系のファッションを着る女性にとって濃いアイメイクを行うのは少し避けたいと思っている女性も少なくないのです。

そこで最近注目されているのがまつげエクステです。このまつげエクステの特徴がもともと生えているまつげの部位に植毛をしてもらう方法になります。このケアを受けることで自然にボリュームのあるまつげを維持することが出来ますし、つけまつげやマスカラをしなくても魅力的な目元にすることが出来るので、若い女性を中心に幅広い年齢層の女性に支持されています。

まつげエクステは主に美容サロンなどで受けること出来ます。サロンによってエクステの量などを自分で選択することが出来ますので、ボリュームを多くしたい場合には施術コースなどをスタッフさんに相談することで自分の希望するまつげに仕上げることが出来ます。このまつげエクステは一度施術を行うと自分で取り外すことが出来ないため、外す場合には施術を受けた美容サロンに行く必要があります。このまつげエクステの効果は約二週間ほど続きますので、その間は面倒なアイメイクをする必要がなくなり、メイクの時短に繋がります。

ただ二週間たってしまうとどんどんまつげのエクステがだんだん下がってきてしまうため、エクステが瞳を傷つけてしまう恐れがありますので瞳にダメージを与えないためにも、しっかり早めに対処をする必要があります。美容サロンで受けたエクステケアは、施術を受けたサロンに行くことで無料で取り外しを行っている場合が多いです。

しかし施術をしたサロンとは違った施設に行く場合には、取り外しにお金がかかってしまう場合がありますので、他の美容サロンに行く場合には注意をする必要があります。ケアに関する価格は施設によっても違いますので、美容情報サイトを利用して施設情報をしっかりチェックすることが大切です。

提供元:マツエクを名古屋でするならリトリエ