まつげエクステの長さや太さの選び方

01/02/13
archive

まつげエクステをはじめて利用するという人に多いのが、どれを選んだらいいのかがわからない、というものです。
そういうときはプロの技術に頼るのがいいのですが、エクステはそのまぶたの形によっても変わることがあります。あうものと少し変えたほうがいいものがあるので、きちんと知っておくといいということです。

まつげエクステの選び方は、長さ、太さ、そして量を調節できるようになっているので、それぞれであわせて選ぶことが可能です。
たとえば、まぶたの形が一重の人、奥二重の人などはLカールという、毛先だけカールのあるものを使うときれいなまつげにみせることが可能です。

まぶたとカールがかぶらないのでもちがよく、一重の方や奥二重の人にはとても向いているエクステだといえます。
カールが弱い順番から、Jカール、Cカール、CCカール、Dカールとあります。
カールが強いものほど、お手入れをするときには注意が必要になってくる、ということです。

太さのことをいうと、太い方がインパクトは大きいといえます。ですが、とれやすい傾向もあるので、もちをとるのか、インパクトをとるのか、ということになります。モチがいいエクステの太さは、0.1ミリほど、目を強調したい人やインパクトを出したい場合は、0.2ミリのものがいいです。

付けているのか付けていないか、というのが分からないくらいの軽いものになるので、ナチュラルにみせたい人には0.1ミリのもの、普段からマスカラを2度3度と塗っている人やつけまつげをしてる人には0.2ミリほどの太いものがいいということです。
長さも考えて、太さと長さのあわせ方でやはりイメージは変わってきます。

長ければ長い程、インパクトは強くなりますが、とれやすい傾向があるのでそのこともきちんと理解しておくことが大切です。
ほかにもエクステの量や形などでまったく違う印象にすることが可能です。
自分のそのときの気分などで変えることができるのもまつげエクステの魅力のひとつだといえます。

自分でつけることができるセットなども市販で多くみかけることができますが、やはりプロにお願いして施術してもらう、というのが長くもたせるようにつけることができるということです。また、まつげエクステのケアをしっかりとするためにも、その方法をきちんと調べておくようにするといいです。

エクステは大体2ヶ月ほどで取り替えるようにしておくといいということなのですが、きちんとケアをしていれば、3ヶ月ほどはもつといわれています。